面接官との会話

仕事の決定(就職先)

仕事の決定に関してはいろいろなことが言えると思いますが、まずは自分の過去の仕事を振り返ってみてください。先に行くことばかりが能ではないと考えます。今まであなたがやってきたことの中に、これは自分がよくなかったとか、この辺は自分の能力は高いとかいいことと、よくないことが必ずあると思います。そういったことを一度整理します。そしてそこから自分自身に対するメリット・デメリットを理解して下さい。そうすると、この仕事のほうがいいなあ~ってものが現われてきます。自分のしたいことは必ずあるものです。

面接試験突破作戦

仕事を探したら次は必ず面接です。履歴書、必要書類といろいろ準備はあると思いますがここまでは万全の状態でのぞんでください。突破作といたしましては、面接にもいろいろな形があるとは思うのですがどんな会社や職場であれ、相手にするのは面接官という人間です。言葉をうまく使っていくと必ずうまくいくものです。それではその言葉の使い方をお教えします。面接のお辞儀や、挨拶は飛ばしまして、要点だけご説明いたします。

面接官との会話のやり取りの中で、相手に対して、必ず最後は質問で会話を切るということです。ちょっと高度な技術ですが、例えばこんな感じです。
面接官:なぜあなたは今回、わが社を受けようとおもったのですか?
受験者:はい、御社の明るい職場環境を求人案内の写真をみて、惹かれました。
    従業員の方はどのくらいいらしゃいますか?

とこんな具合にです。こういった会話のキャッチボールをしていきますと面接官は必ずあなたの質問に答えてあなたのペースになることでしょう。この文章だけではちょっときびしいようですが個人差もありますので、ぜひ挑戦してみてください。

web analytics