転職活動では生活、仕事、趣味の優先順位を明確にして行動しましょう

転職理由は人それぞれの優先順位によって異なってきます

 たとえば、今の会社の職場環境や待遇などにほとんど不満はなかったとします。仕事も嫌な仕事ではありませんが、働いていて心から楽しいとは思えません。数年後の自分を想像すると苦痛になったりもします。

 ところが、昔から趣味で行なってきたものが技術的に上達し、今後ますますその技術を磨いていきたいため、それを仕事にしようか悩んでいるとします。しかし、その趣味の業界に進めば、今の仕事よりも給与面やその他の労働条件が悪くなります。あなたならどうしますか。このような場合、その人の優先順位によって、結論は大きく変わってきます。

生活、仕事、趣味の優先順位をはっきりさせましょう

 給与の高さを第一条件で挙げる人、給与が低くても楽しめる仕事を第一条件に挙げる人、人それぞれ価値観は違います。かりに現状の会社の職場環境や待遇にそれほど不満がなく、趣味を仕事にすることに不安があるのであれば、仕事と趣味を完全に切り分けて考えてみてもよいでしょう。つまり、好きな趣味に没頭できるのも、収入があるからこそ可能になると考えれば、今の会社を転職せずに済むかもしれません。

 転職活動では、あやふやな意志のまま進むと後で必ず後悔する局面を招いてしまいます。自分の棚卸しの際、よく考えて行動してください。

web analytics